アフターピルはいつ服用すれば良いのか

アフターピルというのはピルの一種で、性行為に失敗したと思われるセックスをした場合やレイプ等の性被害を受けてしまった場合に女性が服用することで、妊娠してしまうのを防ぐことが出来る薬です。アフターピルを適切な時期にしっかりと服用することで、かなりの高確率で望まない妊娠を食い止めることが出来るのです。ところでアフターピルは問題となるセックスをしてしまった後、具体的にはいつ服用すれば良いのでしょうか。またいつまでに服用しなければ、避妊としての効果を期待することが出来なくなってしまうのでしょうか。
一般的にアフターピルは問題となったセックスをしてしまった後すぐに服用をするのが一番良いと言われています。何故なら人間というのはある程度時間に余裕がある場合であっても、すぐ物事に取り掛からなければ忘れてしまうからです。とにかくアフターピルについては早く服用すればする程良いと言われていますので、理想的なのはセックスの直後位に服用することなのです。
それからいつまでに服用しなければいけないのかということについては、一般的にアフターピルは問題となったセックスをしてしまった後72時間以内に飲まなければいけないとされていますので、覚えておくと良いでしょう。この72時間という期間はある人にとっては大変長い期間ですし、ある人にとっては大変短い期間です。予めもしもの時に備えてアフターピルを常に手元に置いてあるという人にとっては、72時間というのはかなり余裕のある長い時間です。しかしピルを用意していなくてこれから調達する必要があるという人にとっては、72時間というのはかなり短い時間なのです。なので女性である以上、アフターピルというのは常に手元に置いておきたい薬なのです。