モーニングアフターピルとバナナは併用すると良い?

一般的に、ピルといえば毎日欠かさず服用することで避妊効果が持続する低用量ピルが主流だと思われがちですが、中にはセックスの際に避妊に失敗した時に飲む緊急避妊薬であるモーニングアフターピルというのも存在します。

モーニングアフターピルは、セックスをする際に始めから避妊せずに行ったり、避妊していてもコンドームが途中で外れたり破けていたりして避妊が成功しなかった時に緊急で飲むタイプのピルです。

モーニングアフターピルは、72時間以内に服用することで避妊効果を発揮しますが、100%避妊できるわけではなく、72時間以上経過してしまったり、飲んでも吐いてしまったりして避妊効果が得られずに妊娠してしまうこともあります。

服用後に、数日から一週間、遅くても3週間以内に出血が見られれば成功したと言えますが、3週間以上経っても生理が来なかった場合は、妊娠している可能性があるので早めに婦人科に行くことをおすすめします。

また、ピルは避妊以外にも女性特有の様々な体の不調にも効果があるとされています。

重い生理痛や、生理前にホルモンバランスが崩れることによって起こるイライラや倦怠感などの症状が出る月経前症候群、PMSの軽減にも有効であるとされていて、また卵巣がんや子宮体がん、大腸がんなどの発生リスクも下げる効果があります。

またPMSの症状を軽減させるには、バナナと一緒に食べるとさらに良いとされています。

バナナにはトリプトファンという心を安定させる物質であるセロトニンの材料が含まれていて、特に生理前はそのセロトニンが減ってしまう傾向にあると言われています。

そこで、バナナをたべてトリプトファンを増やせば、セロトニンが作られて気持ちも安定するというわけです。
果物の中でトリプトファンが入っている食べ物はバナナだけなので、ピルも服用しながらバナナを食べてPMSを改善していきましょう。